jiaセミナーの記録

jia2008.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 14日

Project3 越後妻有アートトリエンナーレ2009を体感する-02

--------------------------------------------------------------------------------------------------
Project3 越後妻有アートトリエンナーレ2009を体感する-02
今年で4回目を迎えた「大地の芸術祭」。会期中、作品の一つである光の館やコテージに宿泊し、妻有を回る。参加作品のアートや建築のほか、隈研吾氏や内藤廣氏の建築にも足を伸ばし、棚田、集落、森を訪ね、そして、食を楽しむ。作品を体感し、現代美術、そして、地域とは何かを考える。
1. 7月31日[金]
2. 8月1日[土]|現地セミナー:北川フラム[大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2009総合ディレクター、新潟市立美術館館長、女子美術大学芸術学部教授、アートディレクター]
3. 8月2日[日]
----------------------------------------------------------------------------------------------------

ナカサ&パートナーズの藤井さんの写真が届きました。次から次へと移動する中、じっくり腰を据えて撮影するなどという時間は、ほとんどありませんでしたが、素敵な写真をたくさん撮影していただきました。
あれもこれも紹介したいところですが、スペースの関係もあるということで、一部しかお見せできないのが、残念です。
それでは、第1日目から、お楽しみ下さい。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

c0159727_59509.jpg

c0159727_5163819.jpg


2009年で4回目の大地の芸術祭。計画策定に関わっていた関係で、1回目からかかさず、来ていますが、今年の人の数は、驚きでした。私たちが訪れたのは、人の出足の少ないはずの開会直後、その上、天気も悪く、平日なのに、実際には、数々の展示で、行列に出会うことになりました。事業を継続することの意味と重要さを、のっけから実感しました。
今回の参加者は37名。2泊3日の旅行にこんなに参加者があったのも、継続による知名度上昇のなせる技かもしれません。
1日目の行程を簡単に復讐しますと、モミガラパーク他(小川次郎:1段目)ーもう一つの特異点(アントニー・ゴームリー:2段目)ーストーム・ルーム(ジャネット・カーディフ+ジョージ・ビューレス・ミラー)ー荻の島環壕集落探訪(3段目)ー陽の楽家(隈研吾:4段目)ー脱皮する家(鞍掛純一+日大芸術学部彫刻コース有志:5段目)ー全ての場所が世界の真ん中(マーリア・ヴィルッカラ)ーBankART妻有(BankART1929)ー静寂あるいは喧噪の中で(クロード・レヴェック:6段目、7段目)ー光の館(ジェームス・タレル:8段目)。
3日間を通して、2009年の代表作品に、3回目までの秀作をピックアップして、回ったというところでしょうか。
4回目に至って、日本の他の場所ではない、この妻有だからこその、現代美術のあり方が、くっきりとして来たように感じたのは、数々の空家廃屋のアート化でした。
中山間地の抱える高齢化や人口流出の問題を解決することは、簡単ではありませんし、日本中のすべての場所で、アートがつねに最適な解決策であり続けることはできない、としても、この妻有で、アーティストによって、現実に引き戻された民家を訪ねると、美術館や都市空間の中では決して体験できない、場の力の作用した現代美術と遭遇し、そして、現代美術が顕在化した、妻有という場所の持つ強さと対面します。アートは、地域と響き合い、妻有の家々は、場所が希薄になって行く都市に暮らす私たちに、場所の意味を問い返しているようでした。/石井大五

c0159727_5105183.jpg

c0159727_511355.jpg

c0159727_5122440.jpg

c0159727_5124142.jpg

c0159727_5132770.jpg

c0159727_5134594.jpg


----------------------------------------------------------------------------------------------------

JIA建築セミナー2009/建築デザインに刺激を与える様々な人がやってくるセミナー。
☆開催日  :毎月3回程度開催(夏休み期間を除く)
☆開催場所:外苑前をメインとして全国各所、神出鬼没♪
☆コンセプト:’「もっと深く、もっと広く」 ─JIA建築セミナーは一回性にこだわりたい
☆2009実行委員長  :渡辺真理&木下庸子 
☆2009実行委員(五十音順):石井大五[フューチャースケープ建築設計事務所]/石川静[NTTファシリティーズ]/大成優子[大成優子建築設計事務所]/川辺直哉[川辺直哉建築設計事務所]・/田口知子[田口知子建築設計事務所]/中辻正明[中辻正明都市建築研究室]/早瀬幸彦[久米設計]/保坂猛[保坂猛建築都市設計事務所]/安田博道[環境デザイン・アトリエ]
☆オフィシャルフォトグラファー:ナカサ アンド パートナーズ(本ブログ内の写真版権は全てナカサアンドパートナーズ帰属します)
[PR]

by jia_seminar_2008 | 2009-09-14 05:18


<< Project3 越後妻有ア...      Project3 越後妻有ア... >>