jiaセミナーの記録

jia2008.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 17日

10月12日[日] ワークショップ:木下庸子[建築家]、渡辺真理[建築家]

プロジェクト4 「リゾートする意味」中央工学校軽井沢南ヶ丘山荘(1泊2日)にて

わが国の代表的リゾートの軽井沢で、広々とした南が丘山荘に泊まって、リゾートの意味を考える。星のやの設計に関与した東さん、長谷川さんから直接的なコメントをもらえるのも有意義だろう。ワークショップの内容はまだヒミツである。

11 10月11日[土] 星のやほか:東利恵[建築家]、長谷川浩己[ランドスケープ・アーキテクト]
12 10月12日[日] ワークショップ:木下庸子[建築家]、渡辺真理[建築家]
-------------------------------------------------
さて、昨日いよいよ発表された課題内容。
「あなたの方丈(3Mキューブ)」の即日設計です。
どんなアイデアが飛び出すのでしょう?!

写真最後に記念撮影もありますから、最後までみてね♪

c0159727_19281587.jpg
c0159727_19282933.jpg
c0159727_19283630.jpg
c0159727_1930736.jpg
c0159727_19301363.jpg
c0159727_19302072.jpg
c0159727_19302539.jpg
c0159727_19303090.jpg
c0159727_19303588.jpg
c0159727_19304074.jpg
c0159727_19304551.jpg
c0159727_19305094.jpg
c0159727_19305569.jpg
c0159727_1931311.jpg
c0159727_1931898.jpg
c0159727_19312326.jpg
c0159727_19312838.jpg
c0159727_19313262.jpg



最後に記念撮影~♪
c0159727_1935798.jpg


いつも写真を撮ってくださっているナカサアンドパートナーズの藤井さんも一緒にぱちり。



記録 By  コードネーム「このとき、まじでふつかよい」 





★JIA建築セミナー2008/建築デザインに刺激を与える様々な人がやってくるセミナー。
開催日  :毎月3回程度開催(夏休み期間を除く)
開催場所:ヒミツ♪
コンセプト:’建築を「立体的」に考えよう「ヨコのトモダチ」をつくろう’
委員長  :渡辺真理&木下庸子 
実行委員(五十音順):石井大五/石川静/遠藤政樹/大成優子/下吹越武人/田口知子/田中俊行/中辻正明/保坂猛/丸目明寛

本ブログ内の 写真版権は 全て ナカサ アンド パートナーズに帰属します。
[PR]

by jia_seminar_2008 | 2008-12-17 19:32
2008年 12月 17日

10月11日[土] 夜の部(レクチャー) 東利恵&長谷川浩己、そしてワークショップ課題発表!

プロジェクト4 「リゾートする意味」中央工学校軽井沢南ヶ丘山荘(1泊2日)にて

わが国の代表的リゾートの軽井沢で、広々とした南が丘山荘に泊まって、リゾートの意味を考える。星のやの設計に関与した東さん、長谷川さんから直接的なコメントをもらえるのも有意義だろう。ワークショップの内容はまだヒミツである。

11 10月11日[土] 星のやほか:東利恵[建築家]、長谷川浩己[ランドスケープ・アーキテクト]
12 10月12日[日] ワークショップ:木下庸子[建築家]、渡辺真理[建築家]
-----------------------------------------------------------------------

昼間に「星のや」を堪能したあと、建物をデザインされた「東利恵」さんと、
ランドスープをデザインされた「長谷川浩己」さんのレクチャーです。

さっき見てきたばかりなので、レクチャーの内容が実によくわかりました。
「自然なまま」に見えていた集落のような風景は、実は繊細にデザインされていたものとは、、。
すばらしいランドスケープと、その場所に溶け込んだ建築を作り出す
長い歴史についてご説明いただきました。


c0159727_19103623.jpg
c0159727_19104182.jpg
c0159727_19105895.jpg
c0159727_1911458.jpg
c0159727_1911980.jpg
c0159727_19111326.jpg
c0159727_19111820.jpg



そしていよいよ、渡辺真里先生より今回のワークショップ課題発表!!
c0159727_19112389.jpg



ずばり「あなたの方丈を設計してください」。
3M×3M×3Mのキューブの家を設計して下さい。
こないだ方丈記をみんなで読んだのでイメージは抜群に広がっているはず。

なんでもこの課題’ポン女’の即日設計課題なんだそうです。
(注釈’ポン女’:某女子大住居学科=建築家がこぞって教えたがる大学)


この後おおいなる飲み会で
大変なことになろうとはこのとき知る由もなかったのでした、、、。



記録 By こーどねーむ「ふつかよい」
※みなさんの感想文をお寄せください♪(あて先は別途送付連絡先まで)



★JIA建築セミナー2008/建築デザインに刺激を与える様々な人がやってくるセミナー。
開催日  :毎月3回程度開催(夏休み期間を除く)
開催場所:ヒミツ♪
コンセプト:’建築を「立体的」に考えよう「ヨコのトモダチ」をつくろう’
委員長  :渡辺真理&木下庸子 
実行委員(五十音順):石井大五/石川静/遠藤政樹/大成優子/下吹越武人/田口知子/田中俊行/中辻正明/保坂猛/丸目明寛

本ブログ内の 写真版権は 全て ナカサ アンド パートナーズに帰属します。
[PR]

by jia_seminar_2008 | 2008-12-17 19:16
2008年 12月 16日

10月11日[土] 星のやほか:東利恵[建築家]、長谷川浩己[ランドスケープ・アーキテクト]

プロジェクト4 「リゾートする意味」中央工学校軽井沢南ヶ丘山荘(1泊2日)にて

わが国の代表的リゾートの軽井沢で、広々とした南が丘山荘に泊まって、リゾートの意味を考える。星のやの設計に関与した東さん、長谷川さんから直接的なコメントをもらえるのも有意義だろう。ワークショップの内容はまだヒミツである。

11 10月11日[土] 星のやほか:東利恵[建築家]、長谷川浩己[ランドスケープ・アーキテクト]
12 10月12日[日] ワークショップ:木下庸子[建築家]、渡辺真理[建築家]
-------------------------------------------------------

紅葉の軽井沢。初のお泊り合宿です♪
初日は、東利恵さんと長谷川浩己の贅沢なレクチャーつきの2チームにわかれ、
「星のやリゾート」を探索しました。

星のやは、「2泊以上からで最低でも10万円」。そのリッチな気分を「お散歩」で堪能しました。


※ちなみに私たちの泊まったのはリーズナブル、だけど、歴史ある中央高学校宿泊施設です。


c0159727_1622725.jpg
c0159727_16221730.jpg
c0159727_16222236.jpg
c0159727_16222943.jpg
c0159727_16223432.jpg
c0159727_16223975.jpg
c0159727_16224317.jpg
c0159727_16224829.jpg
c0159727_16225486.jpg
c0159727_1623075.jpg
c0159727_1623446.jpg
c0159727_1623954.jpg
c0159727_162313100.jpg
c0159727_16231819.jpg
c0159727_16232381.jpg
c0159727_16232729.jpg
c0159727_16233129.jpg



By WEBますたぁ  Shizuka Ishikawa
※どなたか感想文送ってくださいー 


★JIA建築セミナー2008/建築デザインに刺激を与える様々な人がやってくるセミナー。
開催日  :毎月3回程度開催(夏休み期間を除く)
開催場所:ヒミツ♪
コンセプト:’建築を「立体的」に考えよう「ヨコのトモダチ」をつくろう’
委員長  :渡辺真理&木下庸子 
実行委員(五十音順):石井大五/石川静/遠藤政樹/大成優子/下吹越武人/田口知子/田中俊行/中辻正明/保坂猛/丸目明寛

本ブログ内の 写真版権は 全て ナカサ アンド パートナーズに帰属します。
[PR]

by jia_seminar_2008 | 2008-12-16 16:25
2008年 12月 15日

9月16日[火] 鴨長明『方丈記』を皆で読んで & 9月30日[火] ボルヘス『エル・アレフ』を皆で読んで

プロジェクト3 「今日の住宅設計に共通する課題はあり得るか」

07 9月13日[土]13:00- 原邸見学
08 9月16日[火]19:00-21:00 鴨長明『方丈記』を皆で読んで:原広司[建築家]、植田実[編集者]
09 9月27日[土]14:00- 森山邸見学
10 9月30日[火]19:00-21:00 ボルヘス『エル・アレフ』を皆で読んで:原広司、西沢立衛[建築家]


今回はダイジェスト版。ふたつまとめてお送りします!
鴨長明「方丈記」とボルヘス「エル・アレフ」を読んで。
みんなで本を読んでくるって企画が面白かったです。

それにしても原先生、カッコイイっす!
最終回(9/30)には、原先生がみんなを代官山オフィスに招待くださいました。
そして原先生みずからお料理を振舞ってくださいました。

c0159727_2126057.jpg
c0159727_2126591.jpg
c0159727_14363933.jpg
c0159727_16554065.jpg
c0159727_1656285.jpg

感想文ー方丈記を皆で読んで/ 石井大五

夢に酔ったような講義だった。
弁証法から非ず非ずにいたる哲学の流れの上に、方丈記が語られ、閉じて開き、縮小することで拡大する方丈の建築を通して、どうやって建築の現在を描くかが、原先生によって明かされて行く。
そうやって、原先生が、抽象的な概念を具体的な姿で示し、そして、再度、建築に即して、抽象に還元したのに対して、一日を掛けて、方丈記を現代語訳された植田さんは、現実的地平から方丈記に近づいて行く。
浮かび上がるのは、文章に書かれたことと、隠されたこと、そのずれを通した、鴨長明と方丈記の生々しい関係だった。縮小は、捨て去ることで実現した純粋行為というだけではなく、恣意的な振る舞いの上で成立した極限だったのだ。
現れたものには、つくるプロセスがある。植田さんは、縮小が生まれるプロセスを、解き明かした。
お二人の描いた軌跡から、何が見えたのだろうか。それは、極限的な寸法で建築をつくるということではなく、建築という行為を極限まで進めると、それまでとは違った相貌が立ち現れること、そして、そこには、思いがけない広がりがあるが、その広がりの抽象性は、一方では、具体的行為のとてつもない積み重ねと裏表である、ということであろうか。

c0159727_21261085.jpg
c0159727_21261470.jpg
c0159727_14375743.jpg
c0159727_14394024.jpg


感想文−エル・アレフを皆で読んで/ 下吹越武人

シリーズの最後は原さんと西沢立衛さんを交えて「エルアレフ」の読書会が行われました。植田実さんも飛び入り参加です。アレフの解説から始まり、世界像のモデルや数学の話まで次々と難解な概念が飛び交い、頭の中が機能不全に陥りそうでしたが、原さんが「森山邸」を「レトラクト」という数学の概念で説明下さった時に、抽象概念を用いて建築の現象について説明しようとする原さんの壮大な試みが少し実感できたような気がして、ますますその魅力に引き付けられてしまいました。
「抽象概念をモノで説明しなければならない」という原さんに、西沢さんが「具体的世界を操作して抽象を考えることの可能性」を問いかけた辺りは、両氏の建築的思考に対するスタンスの差異が見えて、とても興味深かったです。
レクチャー終了後は、原さんが受講生を自身の事務所にご招待下さり、お酒や手料理と共に夜更けまで話を伺うことができました。原さん、遅くまで本当にありがとうございました。

c0159727_16562817.jpg


ナカサさん、いつもありがとうございます。UPが間に合ってなくて本当にごめんなさい。 
By コードネーム「ふつかよい」より


★JIA建築セミナー2008/建築デザインに刺激を与える様々な人がやってくるセミナー。
開催日  :毎月3回程度開催(夏休み期間を除く)
開催場所:ヒミツ♪
コンセプト:’建築を「立体的」に考えよう「ヨコのトモダチ」をつくろう’
委員長  :渡辺真理&木下庸子 
実行委員(五十音順):石井大五/石川静/遠藤政樹/大成優子/下吹越武人/田口知子/田中俊行/中辻正明/保坂猛/丸目明寛

本ブログ内の 写真版権は 全て ナカサ アンド パートナーズに帰属します。
[PR]

by jia_seminar_2008 | 2008-12-15 21:27
2008年 12月 15日

9月27日[土]14:00- 森山邸見学

プロジェクト3 「今日の住宅設計に共通する課題はあり得るか」

07 9月13日[土]13:00-原邸見学
08 9月16日[火]19:00-21:00 鴨長明『方丈記』を皆で読んで:
原広司[建築家]、植田実[編集者]
09 9月27日[土]14:00- 森山邸見学
10 9月30日[火]19:00-21:00 ボルヘス『エル・アレフ』を皆で
読んで:原広司、西沢立衛[建築家]

プロジェクト第二弾の見学会はあの、、森山邸です。
西山さんのレクチャーつき♪なんとも贅沢な時間を過ごせました。
森山さん、住人のみなさん、本当にありがとうございました。

おうちのスケール感がかわいらしくて心なしか食器類とか、椅子とかもちっちゃくて、
不思議な世界に迷い込んだ感じがしました。

赤い帽子は「もと住人」の大成さん。彼女はここで結婚パーティーをしたそうです♪


c0159727_21103260.jpg
c0159727_21103755.jpg
c0159727_21104334.jpg
c0159727_2110477.jpg
c0159727_2110546.jpg
c0159727_21105849.jpg
c0159727_2111353.jpg
c0159727_2111828.jpg
c0159727_21111367.jpg
c0159727_21111879.jpg
c0159727_21112244.jpg
c0159727_21112775.jpg
c0159727_21113279.jpg
c0159727_21113731.jpg
c0159727_21114452.jpg
c0159727_21114915.jpg
c0159727_21115443.jpg



アップが遅れてすみません。ちかごろアップアップで、、、(だじゃれ) 
WEBの苦手なWEB担当:Shizuka ISHIKAWA より

★JIA建築セミナー2008/建築デザインに刺激を与える様々な人がやってくるセミナー。
開催日  :毎月3回程度開催(夏休み期間を除く)
開催場所:ヒミツ♪
コンセプト:’建築を「立体的」に考えよう「ヨコのトモダチ」をつくろう’
委員長  :渡辺真理&木下庸子 
実行委員(五十音順):石井大五/石川静/遠藤政樹/大成優子/下吹越武人/田口知子/田中俊行/中辻正明/保坂猛/丸目明寛

本ブログ内の 写真版権は 全て ナカサ アンド パートナーズに帰属します。
[PR]

by jia_seminar_2008 | 2008-12-15 21:13
2008年 12月 15日

9月13日[土]13:00-原邸見学

プロジェクト3 「今日の住宅設計に共通する課題はあり得るか」

07 9月13日[土]13:00-原邸見学
08 9月16日[火]19:00-21:00 鴨長明『方丈記』を皆で読んで:原広司[建築家]、植田実[編集者]
09 9月27日[土]14:00- 森山邸見学
10 9月30日[火]19:00-21:00 ボルヘス『エル・アレフ』を皆で読んで:原広司、西沢立衛[建築家]


プロジェクト3第一弾はあの、原邸の見学です!!
写真アーカイブをお楽しみください♪
まさに都市の中に迷い込んだよう。
本当に、すばらしい空間体験です


c0159727_20552419.jpg

c0159727_2055334.jpg

c0159727_20554087.jpg

c0159727_20554710.jpg

c0159727_2055557.jpg
c0159727_2056527.jpg

c0159727_20561482.jpg
c0159727_20562529.jpg
c0159727_20563062.jpg


感想文ー原邸見学/ 石井大五

晴天に恵まれ、環境のインターフェイスである原邸の、光や時間の移ろいを、十分感じ取れた見学だった。
共同設計者であり、竣工以来、35年住み続けたアトリエファイの原若菜さんが、解説の中で、具体的な例を示し、年月が建築の上に映し出されるという話をなさったのが、印象に残った。
建築家が、歳月をどうイメージするべきか、という示唆であると同時に、小さな建築が、時間や社会の変化の中で生き抜くための方法が伝わって来るようである。
35年前、森の中の一軒家だった原邸は、開発による激変で、今や、住宅街の中の小さな森になってしまった。それでも原邸が生き残れた理由、それは、時代から距離を置いた優れたデザインだったこと、そして、若菜さんのご説明のように、どこにでもあるふつうの材料、シンプルなデザイン、在来構法でつくり上げたことも、貢献したのではなかろうか。子供でも塗り直せた杉板の外壁や、もっとも廉価な材料として選んだラワン合板など、すべてが、今でもローコストで流通し、痛めば、簡単に交換可能である。
時間まで見据えて、建築をどう構想すべきか、原邸はその優れた実践だった。


c0159727_20563563.jpg
c0159727_20564282.jpg
c0159727_20424211.jpg

c0159727_20551619.jpg
c0159727_2055999.jpg


記録 ひとりWEBマスター By Shizuka ISHIKAWA より

 

★JIA建築セミナー2008/建築デザインに刺激を与える様々な人がやってくるセミナー。
開催日  :毎月3回程度開催(夏休み期間を除く)
開催場所:ヒミツ♪
コンセプト:’建築を「立体的」に考えよう「ヨコのトモダチ」をつくろう’
委員長  :渡辺真理&木下庸子 
実行委員(五十音順):石井大五/石川静/遠藤政樹/大成優子/下吹越武人/田口知子/田中俊行/中辻正明/保坂猛/丸目明寛

本ブログ内の 写真版権は 全て ナカサ アンド パートナーズに帰属します。
[PR]

by jia_seminar_2008 | 2008-12-15 20:57