jiaセミナーの記録

jia2008.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 18日

project1第3回:6月24日 インテリアとしての布と家具:安東陽子×藤江和子

プロジェクト1「多摩美術大学図書館建築(設計:伊東豊雄)のすべて」

016月14日[土]13:00- 見学
026月17日[火]19:00-21:00|建築家のコラボレーション:
伊東豊雄[建築家]、佐々木睦朗[構造家]
036月24日[火]19:00-21:00|インテリアとしての布と家具:
安東陽子[テキスタイルコーディネーター・デザイナー]

藤江和子[家具デザイナー]project1のシリーズ最終回です。
第3回目は多摩美術大学のテキスタイルデザインと家具デザインをされたお二人の講演。
安東陽子(テキスタイルデザイナー)さん×藤江和子(家具デザイナー)さんです。

c0159727_13483528.jpg


伊東豊雄さんがなんと飛び入り参加!
安東さんが実物のテキスタイルをご持参され、会場もかなり盛り上がりました。

c0159727_13484077.jpg
c0159727_13484679.jpg


★感想文/ 鹿島建設株式会社 建築設計本部 三木 貴

多摩美術大学図書館をめぐるレクチュアもこれで最終回。「インテリアとしての布と家具」と題して、今回の講師を勤められたのはテキスタイルデザイナーの安東陽子さんとインテリアデザイナー藤江和子さん。

まず、安東さんのプレゼンは近作紹介として、青木さん、隈さんなど今をときめく著名建築家とのコラボレーションが特に印象的でした。また、図書館において独特の空気感を作り出している「木漏れ日のような優しい陰影をつくるカーテン」など、実際に使われた素材が講義室に置かれていて、写真では伝わることのない ― 手触り感、質感、光沢感、ディテールなど ― を肌で感じとることができました。

一方、藤江さんのプレゼンは時系列をおいながら、デザインプロセスを具体的に説明されていて、非常に明快な内容でした。現場着工後の非常に限られたスケジュールとコストの中で、スピーディかつ、きめ細やかなデザイン検討がなされていたことがわかりました。そこでは安東さんとはまた異なったかたちでの、藤江さんの「デザインに対する強い意思」を感じとることができました。

そうした、ふたりの魅力的なデザイナーとのコラボレーションを通じてできあがった建築空間は、柔らかい光に包まれた、重量感を感じさせない非常にすがすがしいものでした。そこでは空間と家具の関係がとても重要であり、ひとつの建築を中心とした理想的なコラボレーションの姿がそこにあるような気がしました。

c0159727_13485128.jpg


★感想文/ 田口知子

建築のコラボレーションをテーマにした今回のレクチャーは本当におもしろかった。安東氏が実際のコラボレーションで使われた布を大量に持ってきてくださったことが、スライドをより立体的に見せ、考えさせられた。実際に布に与えられたあまりに繊細な細工は、建築の世界からは想像もつかないものに見えた。薄い透ける素材に見えないくらいのほのかな楕円の接着模様、金属のような重厚な素材、模様が建築のスケールの中でどのように見えてくるかなど、数センチの距離に行かないと判別できないような工夫と、その素材が建築のスケールでデザインされた結果は、体験する人に直接的に、また潜在的に深い影響を与えるものであると感じた。建築がコラボレーションによって生命が吹き込まれていく、そのプロセスを再発見させてもらう体験だった。 

c0159727_1348850.jpg

c0159727_13481947.jpg



★JIA建築セミナー/建築デザインに刺激を与える様々な人がやってくるセミナー。
開催日  :毎月3回程度開催(夏休み期間を除く)
開催場所:ヒミツ♪
コンセプト:’建築を「立体的」に考えよう「ヨコのトモダチ」をつくろう’
委員長  :渡辺真理&木下庸子 
実行委員(五十音順):石井大五/石川静/遠藤政樹/大成優子/下吹越武人/田口知子/田中俊行/中辻正明/保坂猛/丸目明寛

本ブログ内の 写真版権は 全て ナカサ アンド パートナーズに帰属します。
[PR]

by jia_seminar_2008 | 2008-07-18 13:56


<< project2 / 7月12...      project1第2回:6月1... >>